死のグループ

ドイツ ワールドカップも予選2試合目に入り、よせんとっぱを決める国が出てきた。
当初、「死のグループ」と目されていた、Cグループだがあっさりと「アルゼンチン」「オランダ」が
リーグ突破を決めた。
アルゼンチンは前回大会も死のグループで、まさかの予選敗退したとあって
今回はメンバーもさることながら、非常にバランスの取れた好チームに仕上がっている。
オランダも、前回大会は欧州予選で涙を呑み、メンバーの若返りを図り良い仕上がりだ。

一方、第2の「死のグループ」と呼ばれるEグループはまさに、大混戦となった。
私はかなり強いと踏んでいた「アメリカ」が初戦でチェコに惨敗。
正直ここまでの惨敗は予想していなかった。
イタリアはガーナに勝利した。
そして、昨日の2戦目だ。アメリカに圧勝した、チェコがガーナにまさかの完封負け。
チェコに惨敗した、アメリカはイタリアに引き分け。

3戦目は「イタリア」対「チェコ」 「アメリカ」対「ガーナ」で現状では
どのチームも予選突破の可能性がある。そして、必死にならないと
予選突破は出来ない。Eグループの3戦目が非常におもしろい。

そして、今日は日本戦だ。私は冷静な目で見たらこの予選は良くて
1分け2敗と考えていた。もちろん、日本は応援しますよ。
でも、あんなサッカーで予選突破して欲しくないし、出来ない。
そう思っている。トルシエの時のが強かったと思うのは、俺だけでしょうか?

それにしても、なぜサッカーは「日本代表」なんでしょう?
「アルゼンチン代表」とか「イングランド代表」って呼ばないじゃないですか~
なぜだか知ってる人いますか~?

ちょっと、素朴な疑問でした。(^^;)
[PR]

  by jungle_kriss | 2006-06-18 18:55 | サッカー

<< 日本敗退 W杯開幕 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE