優駿牝馬を振り返って

優勝は、「カワカミプリンセス」本田騎手だった。

「ヤマニンファビュル」飛ばしすぎだよね~。歓声で、ガツンといっちゃったかな。
1000メートル58秒って・・・2000のレースじゃないんですから(^^ゞ

本命の「キストゥヘヴン」はどうしましたかね~?6着でしょうか?
距離って感じじゃなかったですし・・・伸びてはいるんですよね。
他の馬もね^^

4コーナー回ったときの差がそのまま、着差になったって感じですね。
みんな同じように伸びてましたから・・・・
2着の「フサイチパンドラ」は、パドックで見たときにかなり、いい馬体でしたね^^

桜花賞馬久々の惨敗でした・・・
[PR]

  by jungle_kriss | 2006-05-21 16:02 | 競馬

<< 来季はウィリアムズ・ホンダ? 優駿牝馬 予想 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE