松永幹夫騎手が調教師に

本日、JRAより平成18年度の調教師・騎手免許試験合格者が発表された。

昨年の天皇賞(秋)を「ヘヴンリーロマンス」で制した、松永幹夫騎手が
調教師試験に合格した。
今週のG1フェブラリーSに騎乗馬がいないため、この天皇賞が最後のG1制覇となった。
結局、松永騎手は牝馬でしかG1を勝てなかったのか・・・

3月1日に免許が交付される。

また、新規騎手には園田競馬の岩田康誠騎手も合格した。
同じく公営から受験した吉田稔騎手(愛知)は不合格となった。
吉田騎手は、今年に入って怪我をしたら試験が受けられなくなるからといって
調教などの騎乗も控えていたのに、残念ですねぇ~
注目される岩田騎手の所属はどうなりますか・・・
噂されているあの厩舎なんでしょうか?
[PR]

  by jungle_kriss | 2006-02-16 17:32 | 競馬

<< フェブラリーステークス 予想 小倉隆史が引退 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE