ジャパンカップ 予想

ジャパンカップ G1 東京競馬場 芝 2400メートル

本命 アルカセット

今年の中心馬は、もちろん一番人気「ゼンノロブロイ」だ。
叩き2走目で、前走も「ヘヴンリーロマンス」の
出し抜けにあっての2着、負けてなお強しを思わせる内容だった。
騎手もデザーモで問題ない。
ひとつ、問題をあげるならジャパンカップを2連覇した馬が
過去にいないということくらいか。
そこをどうとらえるかだが、確かに2年連続で出走した馬が少ないこともある。
勝った次の年も出てきた馬は、最近では「テイエムオペラオー」
「ジャングルポケット」くらいか…
また、連続出走して次の年に順位を上げた馬というのは、外国馬ではほとんどいない。
調べるのが面倒なので、調べたわけではありませんが、勝ち負けとなると皆無。
日本馬でも、3歳時に3着だった「スペシャルウィーク」が
次の年に勝ったくらいじゃないかな?
やっぱり、ジャパンカップというレースは「ピークにある馬」が
勝つレースということではないか?
「ゼンノロブロイ」が去年よりも状態が上とは、ちょっと考えられない。
ということで、「ゼンノロブロイ」は連軸ではあっても、勝つまではどうかと思う。
先週の「デュランダル」も3連覇確実といわれながら、惨敗。
あれは、位置取りの差(騎手乗り方が下手)だったわけですが・・・
何でもかんでも、最後方からでは勝てません。馬は、上がり最速だったわけですから。

マイルCSの話は置いておいて、じゃあ世代交代で3歳馬かというと、過去の3歳馬で
勝った馬は「エルコンドルパサー」「ジャングルポケット」の2頭しかいない。
今年の「アドマイヤジャパン」がそのレベルにあるかといえば、そうでもないでしょう。
勝った2頭はその年のチャンピオンホースだったわけですから、
「ディープインパクト」ならそれに当てはまりますが、
どうやら「アドマイヤジャパン」はディープが出走しない方の
コチラを選んで、出てきた様子なので・・・勝たれたらすいません。

2番人気の「ハーツクライ」だが、もっと内枠に入っていたら本命だった。
鞍上のルメールも先週ハナ差差されて悔しい思いをしているし、
この馬に乗るのも2回目。そしてその前走(天皇賞・秋)は
突き抜けそうな勢いがついたところで、前が詰まる不利。
今週の追い切りでも、坂路で終い11.9の猛烈な調教。
展開も、行く馬が多そうで向きそうな感じ。
かなり怖いが、どうしても2着馬のイメージがぬぐえない。

3番人気「アルカセット」騎手が魅力なのか、実績では
それほど上位でもないが人気している。
私も本命にしているが、それほど自信があるわけではない。
未だに「ハーツクライ」と迷っているくらいだ。
2400メートルは9戦9連対ということで、得意距離であること。
そして、血統もキングマンボ×ノーザンダンサー系ということで、
外国馬の中では一番日本の馬場に
合っていると思えること。デットーリが調教師に
「この馬でJCに行きたい」と進言していること。
ハーツクライよりは内枠で前で競馬が出来ること。
直前(金曜日)に時計を少し出していること。以上が、本命にした理由だ。

日本馬で、来るとすれば前走叩き台だった「タップダンスシチー」「スズカマンボ」。
そして、天皇賞馬「ヘヴンリーロマンス」まで。
タップは、もう衰えていると思うから買いません。
外国馬を見ると、「ウォーサン」は昨年15着で上記に書いたとおり
年齢的にも上がり目はない。「ベタートークナウ」は追い切りを見る限り、
馬体がガレていて体調不良じゃないか?「バゴ」はやはり、昨年がピークと思う。
「キングスドラマ」は一応、逃げ馬となっていますが、
たぶん逃げられないでしょう^^
「ウィジャボード」は父方の血統が、日本の馬場では短いところしか走っていないので、
どうでしょうか?確かに牝馬だけに怖いですが・・・

私は「アルカセット」の単複を少々買うつもりです。
パドック次第で、「ハーツクライ」の単複も買うかも知れないです。
[PR]

  by jungle_kriss | 2005-11-27 12:33 | 競馬

<< 初優勝!! 香嵐渓にきてます(^-^) >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE