菊花賞を振り返る

勝ったのは、「ディープインパクト」

しかし、いつもと違ったと思うのは、私だけだろうか?
もちろんプレッシャーがあるのは、わかるがパドックや輪乗りでも
あれだけ落ち着いていた、馬がスタートして口を割って
かなり走った。なんだか、行きたがって武豊がなだめすかしていた。

そして、ちょっと位置取りが前に行ったり、後ろに行ったりで褒められた
騎乗ではないかな。スタートが良すぎたか(^^;)

それにしても、アドマイヤジャパンの横山典は素晴らしい騎乗をしたね。
これしかないという、乗り方でした。

まあ、21年ぶりの無敗の3冠馬の誕生にはおめでとうと言いたい。
[PR]

  by jungle_kriss | 2005-10-23 15:56 | 競馬

<< 横山典弘騎手 新記録 毎日王冠・京都大賞典 予想 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE