宝塚記念を振り返って

タップダンスシチーの佐藤哲は強気すぎたのか?
それとも手応えが怪しかったので、一か八かで早めに仕掛けたのか?
どちらにしても、仕掛けが早かった感は否めない。

去年のように、前に1頭(ローエングリン)だけだったわけじゃない。
なぜ、4番手からあんなに早めに仕掛けたのか。
これはいつも通りだったのか?

違うよね。いつもの粘りがなかった。リンカーンに早めに来られて
逃げ馬のように、ズルズルと行ってしまった・・・
リンカーンは、早めにタップをつぶしに行ってしまったために
3頭に交わされ、馬券の対象から外れた。
G1級でないと言えばそれまでだが・・・

結局、連対したのはそれまで、追い込み馬と言われていた馬たちだった。
今日のレースでは、最後方待機ではなかったが、前の馬は総崩れで
後ろの馬が上位を占める結果になった。

タップが早めに仕掛けたおかげで、前の馬はすべてつぶれてしまい
自身も交わされてしまって、最悪な結果となった。


さて、前半のG1は終わったが、どうでしょうかね?
秋も懲りずに頑張りますので、暇な人は予定ってくださいね^^
[PR]

  by jungle_kriss | 2005-06-26 22:57 | 競馬

<< 我ら生涯『夏』宣言!! 宝塚記念 予想 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE