優駿牝馬を振り返って

福永祐一は、うまくなった。
今日の騎乗自体は、本人も話したとおり決して褒められる騎乗ではなかった。
ただ、一番人気の馬に乗って予定外の位置取りになった場合、
大抵の騎手は、”自分の位置”に早めに取り付こうとする。
そして、落ち着きのない競馬になり負ける。

高松宮記念でのプレシャスカフェ・蛯名騎手がそうだった。
短距離戦だから、仕方なかったかもしれないが得意の出遅れで
慌てて、自分の位置を取りに行き、道中、無駄な脚を使い差された。
競馬というのは、馬をどれだけスムーズに走らせるかで
能力を導き出せるはずだ。もちろん、他の馬がいるので
すべてうまくいくとは限らないが、それができるのが上手いジョッキーなんだ。

蛯名騎手を、批判しているわけではないが、彼は出遅れが多い。
しかし、出遅れがそれほど不利にならない長距離競馬では、
信頼のおける騎手である。長距離戦では、いつ狙っても良い。

話を元に戻すが、福永騎手の今日の騎乗は、向正面でもまだ
後方4番手を進んでいた。この時点で、彼は腹をくくっていたはずだ。
この馬は、もうちょっと前の位置で競馬した方が圧倒的に強い。
それは寒竹賞、フラワーカップを見ればわかるはず。
それでも直線に向くまで動かなかったのは、馬の力を信じていた
からに他ならない。慌てずに落ち着いて乗れるようになったのが
今年早くもG1 4勝目につながったのではないのか。

とにかく、福永祐一は信頼のおける騎手になり、また一段
上のステージに上がったはずだ。

2着、エアメサイア 3着、ディアデラノビアの鞍上も
超一流の武豊、ケント・デザーモだった。もちろん、人気通りの
決着と言えばそれまでだが、2人とも上手く乗れていた。
エアメサイアは、直線で下がってきたジェダイトがじゃまだったかな?
あれがなければ、突き抜けたかもしれないですね。

4着のエイシンテンダー、武幸四郎も上手く乗れていましたよ。
今日は良いレースを、見させてもらいました。

それから、スペシャルウィーク産駒のG1初勝利おめでとう。
SS産駒の父馬はダンスインザダークに続いて2頭目かな?
シーザリオに続く馬が出てくるよう祈っています。
[PR]

  by jungle_kriss | 2005-05-22 16:29 | 競馬

<< グランパス 中山をレンタルで獲得 優駿牝馬 予想  >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE